2013年10月25日

源頼朝の流刑生活 その2

源頼朝が伊豆 蛭ヶ小島に流刑となったのは13歳の時である。
伊豆には東に伊東氏が、西には北条氏が、どちらもその見張り役を果たしていた。
平治の乱で平氏が勝利してから世の中は 平氏中心に動き従った。
いかに忠実に平氏に従うかで自分たちの運命も変る。そんな時代だった。
当時 誰も想像さえしなかっただろう・・・この13歳の流刑人が
いずれ平氏を滅亡させ幕府を開く事など。
つまり蛭ヶ小島での頼朝の生活など 誰も注目さえしていなかった。
蛭ヶ小島に流刑となった頼朝がどこでどう暮らそうと
生き様と死のうと、知ったこっちゃ〜ぁない。
頼朝に仕え蛭ヶ小島で共に暮らした家来ですら
そんな凄い13歳だとは思っていなかっただろう。
もしも 後に鎌倉幕府を開く人だと知っていたら頼朝の「一語一句」洩らさず記録しただろう。
頼朝の暮らしについて記録に残るのは頼朝が30歳の頃
伊東氏主催の伊豆の巻狩りに頼朝が参加した頃からである。
既に17年の歳月が流れていた。空白の17年間である・・・
この頃になって ようやく頼朝の存在は注目される様になった。
世の中が平氏の行う政治に疑問や不満を持ち始めた頃である。
もしかすると この流刑人・・・使える奴なのかな?というレベルだっただろう。
頼朝の空白の17年間は父や兄の冥福を祈り、平清盛や池禅尼に感謝して
「お経を読んで過ごした」という一言で片付けられている。
posted by KANCHI at 13:58| Comment(0) | 頼朝ブログまとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。