2014年02月28日

源頼朝の初恋 その3

真実の頼朝が「お利口さん」だったか「利口ぶりっ子」だったかどうかは別として
源頼朝くん・・・何時まで君は僧侶の様な生活を続けるつもりだね?
源氏の男として生まれ この年になって「女」の一人も知らないなんて・・・
と伊東祐清に言われたかどうかは分らないが頼朝は八重姫を紹介され、
そして恋に落ちた。
平氏に忠実な伊東祐親の娘と源氏の御曹司という複雑な関係である。
ふたりを引き合わせた祐清以外、誰もふたりの交際を祝福するはずも無い。
だから ふたりは誰にも知られぬ様に逢瀬を重ねた。
してはいけない事だと思えば尚更の事 ふたりの気持ちは盛り上がり
逢ってはいけないと思えば尚更に逢いたくなる。
そうして逢瀬を重ねるうちに八重姫のお腹には頼朝の子が宿った。
それが自然の摂理というものだ・・・。

それは ふたりを引き合わせた伊東祐清にとっては
勿論、不安もあるにはあるが ある意味 待ち望んでいた既成事実である。
もうふたりを引き離す事は父にも出来ないだろう・・・。
間もなく父は娘 八重の思いを知り、娘の為に頼朝を婿とするだろう。
自分は頼朝の兄となる。そうであって欲しい。
しかし祐清が思うよりずっと祐親は頑なであった・・・
それは頼朝と八重姫の悲しい恋の終りを意味するのである。
posted by KANCHI at 15:54| Comment(0) | 頼朝ブログまとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。