2014年04月25日

源頼朝の初恋 その10 源頼朝の初恋 その10

源氏の3男でありながら嫡子の運命を背負って生まれ、
初陣で破れながらも逃げ延びた。
平清盛に捕らえられながら命を救われ、
更に流刑人となってからも頼朝を助ける人々が
なぜか頼朝の周りに集まってくる。

言葉は悪いが・・・伊東祐親の娘に手を出し、腹ませ、逃げても
それを助けてくれる人物が現れる。
どう考えても北条時政に頼朝を助ける義理はない。
しかし頼朝は現実に北条時政に助けを求め、屋敷に逃げ込み
北条時政は頼朝を助けたのである。
そこには人間の微妙な心理が働いているのではないか?

伊豆の豪族として共に権力を揮い 同じ立場であるはずの2人
伊東祐親と北条時政・・・。
しかし そこには元姑と元婿の微妙な上下関係があった。
もう「元(もと)」であるのに何時までも祐親に頭の上がらない時政がいた。
頼朝を匿う事が北条時政にとって、その関係からの脱却
だった様な気がしてならない。
先の先の事まで北条時政が読んでいたとは思えないが
結局 頼朝を助けた事が北条時政の運命を大きく変える。
頼朝は自分の危機を救ってくれた者への恩を忘れないからだ・・・。

勿論、頼朝がそんな男である事を真面目息子の宗時が
父 時政に延々と説いた事は最も大きな影響を与えに違いない。
posted by KANCHI at 18:49| Comment(2) | 頼朝ブログまとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月18日

源頼朝の初恋 その9

源頼朝のイメージは弟 義経を死に追いやり平氏を滅亡に追いやった事から
極めて残虐であるかの様に描かれている場合が多い。
特に弟 義経に対しては怒りで感情的になり
周囲の意見にも耳を貸さなかったワンマンな頼朝を描いている。
しかし そんなシーンを見る度に違和感を覚える。
頼朝も人間であるからには感情的になる事も無かったとは言えないが
頼朝ほど他者と比べて 極めて冷静な判断の出来る人間はいなかったのではないか?
頼朝は感情を抑える天才だったと思えてならない。
若い頃から頼朝は周囲の意見を大切にして来た。
特に身内の意見より他人の意見、家来の意見に耳を傾け
自分の中でそれらを整理し決断を下して来た。
特に自分を助けてくれた相手に対しては
自分の気持ちを曲げてまでも従う頼朝の姿勢が見て取れる。

伊東祐親の怒りから逃れるために普通は
伊東祐親の元娘婿 北条時政を選ぶ事は有り得ない。
もしも伊東祐親が北条時政に頼朝を殺す様に命じたら
その時はどうするつもりだったのか?
頼朝自身が決断できたはずが無い。
北条時政なら伊東祐親もむやみに手出し出来ない・・・・
その微妙な人間関係を知っている人間でなければ
北条時政の屋敷に逃げ込む事など助言するはずもないし
頼朝を助ける事は出来なかっただろう。
posted by KANCHI at 18:41| Comment(0) | 頼朝ブログまとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月04日

源頼朝の初恋 その8

源頼朝が蛭ヶ小島に来て直ぐに
伊東祐親の次男 祐清や伊東祐親の長男 宗時は頼朝に興味を持ったであろう。
残念ながら伊東祐清と北条宗時の年齢が不明で
状況が想像しにくいが、祐清の兄 祐泰が久安2年(1146)生まれではないか?
とされている事から弟 祐清は翌年久安3年(1147)以降に生まれた事になる・・・
つまり頼朝と同じ年か、幾つか年下だったと想像できる。
北条宗時も妹の政子が保元2年(1157)の生まれである事と
父 北条時政の年齢から計算すると頼朝より6〜9歳は年下だった事になる。
北条宗時にとって伯父 祐清も流刑人 頼朝も
少し年上の兄貴的存在だった事が想像出来るのである。
伯父 祐清が妹 八重を紹介した時もその後の成り行きも宗時はその様子を
一歩下って 窺っていたのだろう。

そして もしも伊東祐親が京都から戻り頼朝を許さなかった場合には・・・
そんな会話にも参加していたのではないか?
どこに逃げるか?逃げ切れるはずも無い・・・逃げるより助けを求めよう。
「家はどうだろう?」宗時が提案する。
伊東祐親の敵では無く、身内とも言える北条時政を頼れば
むやみに手出し出来ないのではないだろうか?
祐親にとって時政は元ではあるが娘婿。
祐清の烏帽子親を時政が務めている。
「それが良い・・・いざと言う時は北条時政どのを頼ろう」
宗時の提案に祐清が賛同し頼朝は頷いた。

万が一の時、頼朝が北条時政の屋敷に逃げ込む事は
事前に決まっていたのではないだろうか?

posted by KANCHI at 21:04| Comment(0) | 頼朝ブログまとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。