2009年08月31日

源頼朝の産湯の井戸

源頼朝の産まれた場所を知ってる?
鎌倉幕府を開いた「源頼朝」は有名なのに意外と知られていないのが
その生誕地。
愛知県名古屋市熱田区白鳥2 誓願寺(せいがんじ)
熱田神宮の西側 国道19号線を挟んだ所にある。
この場所は当時 熱田神宮の大宮司 藤原季範の別邸があった所で
藤原季範の娘 由良御前が久安3年(1147)実家に帰り頼朝を出産したとされる。
寺の入口には「右大将 頼朝公 生誕地」の石碑がある。

名古屋にはもう一つ、頼朝の生誕地がある。
愛知県名古屋市瑞穂区井戸田町4 龍泉寺(りゅうせんじ)
熱田神宮の東方 約3.5kmの所にある。
この場所は津賀田神社の祠官である亀井六郎重清の屋敷があった所で
亀井六郎重清の母が頼朝の乳母を務めたとされ
寺の入口に頼朝の産湯の井戸とされる亀井水の石碑が建っている。

頼朝好きなら是非一度は訪ねて欲しい。
posted by KANCHI at 07:56| Comment(2) | 頼朝ゆかりの地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
KANCHIさん始めまして
いつも拝見しています。
素朴な疑問なんですけど、どうして生誕地が2つもあるのですか?
Posted by yuri at 2009年09月03日 17:24
yuri様 質問有難うございます。
頼朝が誕生した場所は実際には1つしかないはずです。
1つ目の誓願寺は頼朝の母 由良御前の実家だったから・・・という理由で有力説。
2つ目の龍泉寺は亀井六郎重清の母が頼朝の乳母を務め、あるいは産婆さんだった可能性もありますね。
いずれにしても頼朝に係わった事自体がとても名誉な事だったので伊豆出身の亀井六郎重清が「ウチの母が・・・」と頼朝との関係をアピールした事が想像できます。
その屋敷が熱田神宮に近かった事も誕生地説のもとになったと考えられます。
Posted by KANCHI at 2009年09月04日 00:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。