2009年12月07日

源頼朝の描き方

源頼朝を描いた映画やドラマはこれまでにもあったが
実はどの作品にも今ひとつ満足出来ずに現在に至っている。
勿論 頼朝を中心に描かず 悲劇の弟 義経を中心に描いている物が多いので
頼朝が悪役として描かれている場合が多いのも事実である。
そんな作品は仕方ないとしても満足出来ない一番の理由は
頼朝の子供時代・少年時代・思春期が殆ど描かれていない事にある。
確かにちゃんとした記録が残っていないので作者としては描きにくいとは思うが
ドラマや映画や そのもとになつた小説も 所詮は着色されたものなのだから
全て史実に沿う必要は無いのではないか?
多くの作者が頼朝の少年時代を想像し作品に描き、様々な表現をして欲しい。
そして真実がどうだったのか?ああでも無い こうでも無いと
その作品を観た人達にもっと議論して欲しい。

最近 歴女れきじょ)が増えているとの事だが
もっぱら戦国時代と幕末に人気が集中しているのではないか?
今年の大河ドラマ「天地人」でも主人公 直江兼続を妻夫木くんが演じたり
その子供時代を子供店長の加藤清史郎が演じたりとしているではないか・・・
子役が気に入って直江兼続を好きになった人も多いのではないだろうか?
posted by KANCHI at 10:15| Comment(0) | 頼朝の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。