2010年05月24日

源頼朝の母への思い

源頼朝の母として生き抜いた比企尼は頼朝の伊豆流刑と共に武蔵に下った。
夫の掃部允(かもんのじょう)が武蔵国比企郡の代官となったので武蔵に暮らし
20年もの間 食料を中心とする生活物資をせっせと送り続けたのである。
そして頼朝の心を支える人材をも送り続けた。
夫の掃部允が亡くなった後も、彼女はひとり頼朝を支え続けた。

頼朝も比企尼を母として慕い
やがて鎌倉に幕府を開いた際には鎌倉の中心地に広大な屋敷を建て
比企尼を武蔵から招き住まわせた。
頼朝は政子と共に度々 比企の屋敷を訪ねているし
政子にとっては始めての男の子 頼家の産所にも比企の屋敷が選ばれた。
http://www8.plala.or.jp/bosatsu/page043myohonji.htm
比企尼には娘ばかりで息子が無かった事から
甥の能員(よしかず)を養子として迎えていたが
能員の妻は嫡子頼家の乳母となった。
比企尼の次女 河越尼もこの時 乳母の1人となっている。
言わば源氏の嫡流の乳母「比企」の伝統が2代目 頼家誕生の際にも
引き継がれた・・・と言う事だ。
それは その時には極 自然の流れだった。

posted by KANCHI at 10:00| Comment(2) | 頼朝ゆかりの地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
> それは その時には極 自然の流れだった。
泣かせますねぇ
Posted by にら at 2010年05月27日 02:43
にらさん・・お元気でしたかぁ−。
いや〜照れますなぁ。
Posted by KANCHI at 2010年05月27日 10:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。