2011年06月23日

源頼朝よりも強かな義時

源頼朝の創った鎌倉幕府は、頼朝亡きあと妻の政子が引き継いだ。
それが世間一般的な認識である。
確かに政子の存在は幕府と武士の絆を深めるためになくてはならない。
若き日に源氏の御曹司と結ばれる一介の豪族の娘の事を
誰しもが自分の事の様に、自分の娘の事の様に喜び、
頼朝の浮気がばれて政子が激怒する度にハラハラドキドキさせられた。
だから頼朝亡きあとは、政子の言葉が頼朝の言葉である。

しかし、現実には政子が行った政など殆どありはしない。
強いて言うなら頼朝が生前に強く望んでいた鎌倉大仏を建立した事ぐらいだろうか?
常に政子の傍らには弟 義時がいて、言い難い事は全て姉に言わせ、
義時の考えるままに政は進められている。
執権なのだから当たり前の気もするが、じっくり観察してみると
彼は常に裏に潜み、都合の悪い事は全て姉 政子や、甥 実朝に言わせたり
やらせたりして、結果自分の思うままに動かしているのである。
でなければ共に戦って来た畠山氏や和田氏を政子が滅亡させるはずがない。
三浦が暗殺さえも計画するほど怯えた相手は間違いなく
北条義時なのである。

posted by KANCHI at 14:15| Comment(0) | 頼朝の家来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。