2011年08月04日

源頼朝が継いだ戦い

源頼朝の兄 義平は「叔父殺し」で有名だった。
久寿2年(1155)その義平が15歳の時、義朝(兄)と義賢(弟)が戦った。
義平は叔父 義賢を討った…悪源太と呼ばれる様になった由縁(所以)だ。
と、一般的には言われている定説だ。
しかし悪源太の「悪」はこの時代、「強い」という意味で使われた文字らしい。
特別な事では無かった・・・・
名前に「悪」を使う事も、身内を討つ事も。である。

ずっと以前から源氏は身内同士で戦って来た、それが日常だ。
義朝の息子 頼朝と義賢の息子(木曽)義仲が同じ源氏でありながら
合い交える事が出来なかったのはこの時の戦の延長戦だったからであろう。
源氏がもし一丸となれたなら平氏を討つ事も簡単だったはずだが

一旦平氏に敗れて、その中で生き残って来た源氏は、
バラバラになる事で生きる方法を学んできた。
それぞれが平氏の味方に付く事で命を繋いで来た・・・
だから同じ一族であるはずの何処かの源氏が平氏打倒を志しても
それは他人事でしかなかったのだろう・・・
考えてみれば、悲しい一族である。
敵と戦う時も、天下の頂点に立ってからも源氏は一丸となる事が出来なかった。
だから源氏は3代で終わったのだろう。
posted by KANCHI at 11:00| Comment(0) | 頼朝の戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。