2011年10月13日

源頼朝に魅せられた家来 <その1>

源頼朝の流刑生活については前にも詳しく触れた。
安達藤九郎盛長(あだちとうくろうもりなが)野三郎成綱(やさぶろうしげつな)の2人が頼朝を支えた。
命拾いをした頼朝は父や兄の冥福を祈り読教三昧の日々を送る…
やがて流刑人 頼朝の噂が豪族達の間で持ちきりとなり、
特に次の時代を担う若者達が頼朝に会うために蛭ヶ小島に足を運び
そして ココでも頼朝は多くの者を虜にした。
頼朝に会った事のない頭の固い豪族たちは「流刑人」である事を重視し、
その息子達は「源氏の御曹司」に惹かれて行く。
そして頼朝の良さをオヤジ達に分からせたいと望んだ。
頼朝の良さは会えばわかると、そう信じていたからだ・・・

伊東祐親(いとうすけちか)の次男 祐清(すけきよ)
北条時政(ほうじょうときまさ)の長男 宗時(むねとき)も同じ思いを抱いた。
父親に頼朝を理解させようと模索し、自分の妹を頼朝に会わせて既成事実を作ろうとした。
それは、頼朝に惚れ込み、頼朝との関係を模索した結果、
叶うなら自らが頼朝の兄になろうとしたからである。
妹を持つ男性諸君なら理解できるだろう・・・自分の妹を紹介する事がどんな事を意味するか!?
彼らがどれ程に頼朝に惚れ込んでいたかが分かるはずである。
posted by KANCHI at 11:49| Comment(0) | 頼朝の家来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。