2011年12月29日

源頼朝の時代背景「保元の乱」その2

源頼朝の父 義朝の人生を大きく揺るがした「保元の乱」には
第2戦がある…それが「平治の乱」だ。
ソレもコレも、元を正せば白河院からのドロドロが原因だ。

保元の乱で敗れた崇徳院は仁和寺に逃れたが捕えられ讃岐へ流刑となった。
10年近く讃岐で過ごし46歳で亡くなるが、
生きながら天狗になったと伝えられ、怨霊の代名詞にされている。
3年を掛けて指から滴る血で5部の大乗経を写経し、都に納める事を望んだが許されず
恨みを募らせてその後は髪も切らず、髭も剃らず、爪も切らずに過ごし痩せ衰え
非道の呪いを企てているとだけ、都から来た者に告げたという。
更に舌の先を切って その流れる血で誓書を書き、海の底に沈めたと伝えられている。
小説「雨月物語」の中では西行の前に現れた崇徳院が
「平治の乱」は自らの祈りによって起こしたものだと告げた事が描かれている。
崇徳院の呪いも恐るべしだが…
その呪いの中で生き延び、長きに亘って法皇として君臨した後白河に
何とも言えぬ恐ろしいモノを感じるのは私だけだろうか?
私の愛する頼朝も、後白河院を「大天狗」と呼んだ…
掴みどころの無い言い知れぬモノを頼朝もきっと同じていたのだろう。
posted by KANCHI at 17:23| Comment(2) | 頼朝の裏ばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
保元・平治の乱は説明するのが難しいですよね・・・。
大河ドラマではどうなるんでしょうか。楽しみです。

あと細かい指摘で申し訳ありませんが、崇徳院の配流先は隠岐ではなく讃岐ですね。
Posted by 鬼むちゃ at 2011年12月30日 22:40
ご指摘ありがとう!隠岐ではなく讃岐です。
Posted by KANCHI at 2011年12月31日 03:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。