2012年05月17日

源頼朝の時代の乳母とは

源頼朝にも乳母がいた。是までにも、何度もこの時代の乳母について書いているが
乳母」は「うば」とも「めのと」とも読む。
生まれて来た大切な子にお乳を飲ませるのが本来の役割だが乳の出ない「乳父」もいた。
乳の出ない父だ・・・(笑)やや ややこしい。
つまり「めのと」は乳を与え、教育し、その生涯に亘って経済的にも支える・・・親以上に親となる。
源頼朝の乳母は比企尼・・・血の繋がりがないからこそ心で強く結びつけるのかも知れない。
http://yoritomo.seesaa.net/article/150150272.html
頼朝以外でも乳母の話しは何度も触れた・・・
頼朝の息子 頼家の乳母 比企や梶原景時の隆盛も、衰退も
もし彼らが乳父でなかったら有り得なかっただろう。
頼朝の弟 全成も三浦一族も もし乳父でなければ野望を抱く事も疑いをかけられる事も
有り得なかった。
多くの乳父たちは日本の歴史を動かして来たのかも知れない。

義平も乳母のために叔父 義賢を殺した事は前回のブログで触れたが。
今回 どうしても注目せざるを得ないのが雅仁親王の乳父、信西だ。
雅仁の即位は信西の策略に他ならない。
実はドラマの始まりにのちの信西を阿部サダヲが軽快に演じているのを見て思った事がある。
私の知る信西はコンナではない!いつ彼を変貌させ、信西らしくするのか?と・・・
そしていよいよ その時が来た様だ。
信西が、信西らしく成ってきた。個性派 阿部サダヲに信西を演じさせたその意図を
いよいよ見届ける時が来た様だ。
しかし疑問もある・・・ドラマの中の高階通憲、若き日の信西は
すっとぼけたキャラクターで清盛の前に現れたが
現実の信西はそうでは無かったはず、つまり見るからに野望を抱くイヤな奴に見えたはず。
どの様にして清盛に近づき、清盛はそれを受け入れたのか?
お互いに惹かれ合うモノがあったのだろうか?それは何か?
権力が先か?野望が先か?・・・とにかく今後の信西から目が離せない!
posted by KANCHI at 00:26| Comment(0) | 頼朝の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。