2012年08月27日

源頼朝を見掛けました?

源頼朝の出番があったのか?
実は今回 私は多忙の為 大河ドラマを録画予約し、それに失敗し
始めの20分程しか見ていないのです。
自分のしでかした事なので ただ残念なばかり・・・
土曜の昼の再放送にかけます。
ところで前半には愛する源頼朝は出て来なかったが・・・
後半は出て来たのだろうか?そんな事を気にしながらも
前半20分についてお話ししておきたい。

今回のテーマは、清盛の50歳のお誕生日パーティー開催の様子だが、
武士である平氏が如何に歌や舞の世界にも精通しているかを藤原氏と競い
ギャフンと言わせたか。と言う話しだった。
藤原氏はどこまで平氏を受け入れたのだろう?
相変わらず天皇家は後継者問題で揉めていて、ドラマの登場人物としては
の美福門院 得子の妃皇子 ワ子(あきこ)の養子 以仁(もちひと)の登場だ。
後に伊豆の頼朝は この以仁王からの勅使を受け平氏を滅ぼす事となる。
しかしこの以仁王も謎が多い・・・史実には登場するし歴史を変えた人物であるが
実像が見えて来ない。
本当に即位を望んでいたのか?野望を持っていたのか?
もしくは平氏を滅ぼそうとする周囲に利用され名義を借り出されただけなのか?
ドラマでは「本人の希望」するところだったと描かれる様である。

もう一人の新登場は清盛の弟 六男 忠度(ただのり)だ。
武骨な登場とは裏腹にパーティーの席では 恋の歌を上手に詠んで 大活躍となった。
歌人として知られる人物である。
残念ながら私は、この歌の対決が始まった処までしか見れていないので・・・
今回はこの辺りで。
posted by KANCHI at 10:05| Comment(0) | ドラマ平清盛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。