2012年11月16日

源頼朝の運命の女

源頼朝は北条政子などタイプではなかった。と私は確信している。
是迄にも何度かそのことについてブログでも触れて来た。
しかし結婚というものは、何よりもご縁が大切なので
頼朝と政子は運命の間柄だと認めざるを得ない。

頼朝が「来る者拒まず」だった事、頼朝への周囲の思いが
この運命を決定付けたと言えるだろう。
私の思い描く北条政子は、私もタイプではない。
しかし大河ドラマ「平清盛」の中で杏 演じる北条政子は好きだ。
つまり・・・ドラマの中のイメージで北条政子を捉えると、
実際の政子とは違うタイプだと言う事だ。
頼朝とは同志で、一番の理解者で・・・もしも政子がそんな女性だったなら
頼朝の浮気など寛大に受け止めただろうし、浮気などされなかったかも知れない。
しかし頼朝は浮気を繰り返した。浮気の度に政子が暴れ、頼朝は反省するが
その浮気癖は治らなかった。
頼朝は政子に感謝し、北条家が好きで、とても良い婿だったが
女として政子に満足していたとは思えない。
政子は頼朝に安らぎを与えたる事の出来ない女性だったと私は思っている。
posted by KANCHI at 23:36| Comment(0) | 頼朝の恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。