2013年11月29日

源頼朝の思春期 その1

源頼朝の謎の流刑生活を勝手に想像して見よう。
伊豆の巻狩りに参加した30歳からの行動は何となく知られているが
それまでの17年間は分かっていない。
13歳の時には家来2人に連れられて伊豆 蛭ヶ小島に流刑となった。
狩野川の中州、或は川の周辺に小屋を建てて暮す。
経済的援助は比企尼や 頼朝の母 由良の実家 藤原氏から・・・
身の回りの世話は2人の家来・・・そして近所のおじちゃんおばちゃんに助けられ
そうして頼朝は お利口さんに暮らした。
命を助けられた事に感謝し、父や兄の冥福を祈り 毎日 お経を読んで暮す。
命乞いをしてくれた池の禅尼に、そして苦渋の選択をしてくれた平清盛の気持ちを裏切るまいと
必死で お利口さんを演じ続けたのだと思う。
毎日 三島大社に通い、生きている事に感謝して手を合わせた。
そんな頼朝の姿勢に、頼朝の見張り役だった伊東祐親も北条時政も
胸を撫で下ろしていたに違いない。
頼朝への警戒心は何時しか無くなり、
伊豆に源氏の嫡流が暮らしている事すら忘れ去られてしまった。
それが13歳〜20歳までの頼朝の流刑生活だっただろう。

静かに暮す頼朝に少しずつ変化が起こるのは20歳を過ぎた頃である。
posted by KANCHI at 21:15| Comment(0) | 頼朝ブログまとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。