2014年09月19日

源頼朝の選択 その18

山木兼隆が伊豆に来た時 源頼朝と北条政子は既に結婚していて
娘 大姫も生まれていたらしい・・・
さらに山木兼隆が伊豆に来た理由は頼朝と同じ「流刑」であり
中伊豆の代目に任命されたのは討たれる直前だったという。
となると・・・山木兼隆が最初の敵に選ばれた理由は頼朝の都合では無く
北条氏の都合だったのではないか?
代官に任命された事がきっかけで権力争いに火がついたと想像できるのである。
既に人妻でこぶ付きの政子を北条時政が山木兼隆に嫁入りを頼むはずも無く
山木兼隆から願い出たり・・・するはずも無い。
少し残念だが・・・事実はそんなものである。
posted by KANCHI at 03:51| Comment(0) | 頼朝ブログまとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。