2014年07月05日

源頼朝

一回休みます。
posted by KANCHI at 01:34| Comment(0) | 頼朝の兄弟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月04日

源頼朝と向き合う新年

源頼朝をこよなく愛し、頼朝への思いを書き続けてきた私は
昨年は大河ドラマ「平清盛」をきっかけに源氏目線で平氏を見て
好き勝手にツッコミを入れて過ごしたが。
目線を変えて見てみると自分の思う頼朝の姿もしっかり見えてくる。
今年はそれを、少し整理して書きまとめてみたい・・・と
やはり勝手に考えている次第。
昨年より諸事情で生活リズムが大きく変化し多忙で、
そのリズムにやや付いて行けてない自分に気付いているので
今年は無理をせず、ただし確実に頼朝と向き合う事が目標。
全国の頼朝ファンの皆様、今年も宜しく願いますです!
posted by KANCHI at 10:46| Comment(0) | 頼朝の兄弟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月14日

源頼朝による変貌

源頼朝に出会う前の北条政子と頼朝に出会ってからの政子が、
どの様に変貌するか?変貌と言ってもこの場合は良い方の意味で、
どれだけ美しく、女らしくなるか?の事だが
それを表現するために政子は弓矢の達人で剣術の達人でイノシシを担げる程の怪力で、
おまけに髪は櫛が通らぬ程ボサボサで顔は常に泥だらけという設定で登場した。
そこまでやらなくても良いんじゃないか?とは思うが、ここまで来たら この際、
その変貌ぶりを見届けるしかない。

これを「草燃える」の岩下志麻演じる北条政子と比べると・・・
とは言っても「草燃える」の場合では初回から政子はお年頃に描かれているので、
それ以前の幼い頃の政子は泥だらけだったかも知れないが、
とにかく対照的だと言うしかない。
どんな本を読むか?どんなドラマを見るかによって、その登場人物のイメージが変わり、
決めつけられてしまうので歴史上の人物達もあの世でウカウカしても居られなさそうだ。
しかし、私の思う北条政子は気は強いが泥だらけではなく、
どちらかと言えば女女(おんなおんな)していた様に想像する。
年齢を気にして妹に嫉妬したり、占いを信じて恋する事に恋し、結婚に憧れを抱き、
かと言って岩下志麻が演じた様なお色気ムンムンでもなく・・・。
更には杏の演じるサバサバでもない女性だ。

政子が妹の見た吉夢を、買い取った話しは有名だ・・・
http://yoritomo.seesaa.net/article/143330415.html
私なら夢など買わない・・・だから政子とは違うタイプだったと確信できる。
良縁を望み、占いにすがる政子を想像すると、
パワースポットを聞きつけてはいそいそと出かける現代の女子達の姿と照らし合わせてしまう。
今のところ、杏の演じる政子では想像し難い姿である。
ドラマでその部分が表わされるかどうかは別として、今後多かれ少なかれ
政子は源頼朝に惚れ込んで、確実に変貌する。
posted by KANCHI at 05:38| Comment(0) | 頼朝の兄弟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月13日

源頼朝の盆休み

多忙の為 源頼朝にお盆休みを与える事にしました。
あしからず。
posted by KANCHI at 21:48| Comment(0) | 頼朝の兄弟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月12日

源頼朝の兄「朝長」登場!

源頼朝の兄 長男 義平はすでに何度か登場しているが、
今回は もう一人の兄 次男 朝長がいよいよドラマ初登場となった。
「平治の乱」で登場させておかないと この後の期待のシーンが見られない事になるので
何処で登場するのか?もしくは登場しないのか?と心配していたが
まさに滑り込みセーフでの登場だ。
ただし頼朝の兄2人に関しては、これまで私が思い描いていたイメージには程遠く
これまた感情移入がし辛い。
長男 義平はちょっと太めで背も高く大柄の「ジャイアン」であって欲しかったのに
どう見ても太めでは無いし・・・
それで尚更なかなか登場しない次男 朝長へのイメージに大きな期待をしてしまった訳だが
色白で虫も殺せぬ様な控え目な「のび太くん」であって欲しかったが、これも見事に色黒で
戦に血気し「おぉー!」と叫ぶシーンには更にガッカリした。
それにこの次男 朝長は平治の乱で太股に矢傷を負わないといけないのだが、
ドラマでは太股の傷は表現し辛かったのか どうやら肩に変更された様だ・・・。
ただし、朝長が矢傷をうけた時「兄上!」と心配する頼朝(中川大志)は可愛かった。
あくまでも個人的見解である。(←いつでもそうですけど…苦笑)

さて次回は「友の子、友の妻」である。源氏ヒイキの私としては
この辺りからじっくりと時間を掛けて描いて欲しいが
ドラマが平氏主役である事と予告を見て想像する限り、詳しくは描かれない。
それに是まで通り義朝を「友」と呼んでいる事からまたかなりの矛盾が生れそうだ。
友の子は「敵の子」であり頼朝の事で、友の妻は「敵の妻」で、勿論 常盤の事だ。
予告では既に頼朝が清盛の前に土下座し、殴られていたから、次の45分間のうちに
義朝も義平も朝長も、すでに死んでいるという事だろう…。
posted by KANCHI at 01:01| Comment(0) | 頼朝の兄弟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。