2012年05月14日

源頼朝も裏切った?父「義朝」

源頼朝の兄 義平が父 義朝の命を受けて宝刀「友切」を奪う為だけに
叔父 義賢を殺した・・・という設定ではじまった今回。
是までのイメージから一転し、いきなり義朝一人が悪者にされ、父の為義が、
側近の鎌田正清が「上り様について行けない」と・・・
そして幼き頼朝までが「その頃の私は父に微かな軽蔑の念さえ抱いていた」と本人も語った。
皆の心が義朝から離れて行く。清盛も我子を使って兄を殺したと自ら打ち明けた義朝を殴った。
しかしその反面、清盛の妻 時子だけが義朝の優しさに気付き清盛を諭す。
諭された清盛が守るべきものに気付き、鬼となる。
鳥羽院の危篤に駆け付けた崇徳院を鬼となった清盛が追い返す。
「情けを捨て苦渋の選択をした」と、頼朝も語った。
18回19回と2週に亘り、事実はどうであったか判らぬまま、
鳥羽院と崇徳院の仲を取持とうとする清盛の心の動きに拘った理由は
このドラマが当初から描こうとしていた「身内同士では争わない平氏の姿」を
強調するためだったのだろう。
そしてまた源氏の義朝は、清盛の対照として一転の悪者にされたのだ。
決して義朝は「友切」を奪う為だけに長男 義平に命じて弟 義賢を殺したのではない!
おまけに、罪のない秩父重賢まで序でに殺したかの様に描かれているが、それも違う!

余談かも知れないが源氏の名誉のために少し触れておこう。
武蔵国に秩父重綱という男が居た、彼には長男 重弘と次男 重隆という息子が居たが
家督を継いだのは次男の重隆だった。その重隆の娘婿となったのが義朝の弟 源義賢だった。
一方、家督を継がなかった長男 重弘には重能という長男がいた。畠山氏の祖で畠山重能と名乗っていた。
※畠山重能・・・のちに頼朝の右腕として使える畠山重忠の父。
  武蔵国大里郡畠山荘(現在の埼玉県深谷市)

また 秩父重綱には後妻が居たが次男の重隆が家督を継いだ事に不満を抱いていた。
この後妻は源義平の乳母だった。乳母と言っても乳を飲ませるだけが役割ではない。
この時代の乳母は育て母であり産みの母より深い関係を持った。義平の育ての母だ。
その二人、義平の乳母と畠山重能、そして新田氏などが手を組み 秩父重隆と対立していたのだ。
そして大蔵合戦が起きた。
義平は乳母の為、そして京に戻った父 義朝の代わりに戦ったのだ。
「友切」はその戦の目的ではない、この戦の結果、こちらが序でである。
更に余談だが、この時 敗れた義賢には2歳の息子がいた・・・。
密かに斎藤実盛が連れ出し木曽の地に逃がした。のちの木曽義仲の事だ。
何をどう書き加えても源氏が源氏同士で戦った事に変わりはないが、
とりあえず書き加えてみた。
次回はいよいよ 悪ぅ〜い顔になって来た信西について触れてみよう。
posted by KANCHI at 13:42| Comment(2) | 頼朝の家系図 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月30日

源頼朝 母を慰める?

源頼朝は男の子に成長していたがその子が母 由良を慰めていた・・・
「父上は酷う御座いまする いつも母上を1人にして!」と言って・・・。
新しい妻 常盤のもとに入り浸りで帰って来ない義朝を由良は、頼朝は、どう思っていただろう?
子供心に頼朝は、自分の母をないがしろにする父を思う時、同時に常盤の、
そして常盤が産む、腹違いの弟の事を思わずにはいられなかっただろう?
父にとってどちらの子が可愛いのか?と。
ところで・・・
母の事を思う幼い頼朝の優しさにキュンとさせられた方も多かったかも知れないが
ここからやや残念な事を書く・・・私の知る限り、由良は頼朝を育てていない・・・
藤原季範の娘である由良は総子内親王に仕えていたし家柄も位も安定している。
この時代は例え夫の身分が低くても妻の家柄が優先され、正室が産んだ子である頼朝には乳母が付く。
由良は産むのが務めで、あとは乳母が乳を飲ませ、育て、教育する。
http://yoritomo.seesaa.net/article/150150272.html
またドラマの冒頭で仁平(ニンビョウ)3年(1153)と頼朝が語りで言っていたので
頼朝はこの年、6歳(数えで7つ)という設定になる。
このドラマに登場するかどうかは分からないが、頼朝にも4〜6つ違いの同腹の弟が生まれているはずだ。
少なくとも1人は・・・のちの希義(まれよし)である。
http://yoritomo.seesaa.net/article/130078492.html
http://yoritomo.seesaa.net/article/130305202.html
http://yoritomo.seesaa.net/article/130638191.html
つまり・・・ドラマで見た様な、母 由良を頼朝が慰めるシーンは有り得なかっただろうと言う事だ。

ところで頼朝の父 義朝が為義と決別となった・・・。
源氏と平氏の最も大きな違いは、一族の団結の違いだったと思わずにはいられない。
posted by KANCHI at 13:09| Comment(0) | 頼朝の家系図 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月05日

源頼朝と平清盛

源頼朝や平清盛の名を知る人は多いが、
源頼朝と平清盛の関係を知る人は意外に少ない。
平清盛にとって源頼朝は最も憎んだ相手だろうが、
源頼朝にとって平清盛はただ単純に憎い相手ではなかった。
二人は「ライバル」ではない。
少なくとも私はこの二人をライバルだとは思っていない。

これまでにも毎日、多くの人がこのブログを読んでくれているが
今年は特に、頼朝や源平にあまり詳しくない人も、多く訪れる事になるだろう…
大河ドラマ「平清盛」の影響が必ずあるはずだ。
そんな、これから源平を知ろうとする方々のためにも
今年は平清盛との関係に少しこだわって頼朝について書いて行こう…
と とりあえず考えている。

ところで源頼朝が平清盛のライバルではないなら
一体誰が清盛のライバルかと言えば・・・それは頼朝の父 義朝である。
今年の大河ドラマでは玉木宏さんが演じるらしい。
先ずはどんな風に描かれているのか…
どんな義朝ぶりを見せてくれるのかが楽しみだ。
8日の放送を見てから…と言っても私は仕事があって
リアルタイムでは見れないが、9日にブログでお会いしましょう。
posted by KANCHI at 19:48| Comment(0) | 頼朝の家系図 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

源頼朝の命

源頼朝が源氏の嫡男だという話しは、もう何度もしたが、
頼朝は熱田神宮の宮司、藤原季範の娘由良(ゆら)御前が産んだ事も
その由良御前が義朝の正室である事もご存じだろう。
つまり義経のほか2名、計3人の男の子を生んだ常盤(ときわ)御前は義朝の側室である。
ずっと不思議に感じている事がある・・・。
それは、平清盛の元に捕えられ連れて来られた常盤が
なぜ正室の産んだ頼朝の命乞いをしたのか?と言う事だ。
常盤にとって頼朝はむしろ居なくなれば良い存在だったのではないのか?
無条件で憎い存在ではなかったのか?
義朝亡き今となっては憎む意味さえ無かったのだろうか?
それとも頼朝の命が救われれば我子も救えると思ったからだろうか?
常盤も、頼朝のオーラにやられたのか?

違う目線で考えれば、それが常盤というイイ女の余裕だったのかも知れない。
正室より自分が義朝に愛されていたと言う自信がそうさせたか?
頼朝には憎しみよりもむしろ申し訳なさがあったのかも知れない。
もしくは生前の義朝が言い聞かせていたか・・・頼朝への想いを。
側室である事、そして義経たちが側室の子である事をわきまえ、
いつの日か頼朝の力になってくれる弟達になってくれる事を。
常盤は義朝の想いを知っていて、清盛の女になる事を選択したのかも知れない。
だとしたら、それはあまりにも皮肉な選択である。
しかし・・・そうして頼朝の命は救われた。


posted by KANCHI at 19:32| Comment(2) | 頼朝の家系図 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

源頼朝の幕府「鎌倉」呪詛の理由

源頼朝の時代に限らず、明治を迎えるまでのいつの時代も
天皇は大天狗だっただろう・・・
またそうでなければ天皇などは務まらない。
本当の心は見せず、権威で人々を操り
人々がどれだけ自分を崇拝するかを眺めて楽しんでいる。
都に憧れを抱き、都から嫁を迎え、
都人の様に和歌を詠んでいた実朝には
どれだけ朝廷の恐ろしさを理解できていただろうか?
自分たちの都合で力のある武士をおだて戦わせ、
心の中では武士が力を付ける事を嫌っている。
天皇と同じ趣味を持てば心通じると信じていたのか?

必要以上の官位を欲しがる実朝を朝廷はどう評価していたのか?
後鳥羽天皇 個人はどう評価していただろうか?
それで実朝の詠む和歌が天皇好みであったら
状況は変わっていたかも知れない。
しかしその歌を実は鼻で笑っていたとしたら・・・?
おそらく朝廷にとって実朝はただの「おのぼりさん」だっただろう・・・
偉大な頼朝が亡くなり、その息子であったために たまたま将軍になった実朝・・・
官位が欲しいなら与えておけばいい。と
おそらく その程度の存在だったに違いない。
ならば最勝四天王院を建立してまで後鳥羽院が鎌倉呪詛した理由は何なのか?
呪詛したかった相手は誰なのか?
posted by KANCHI at 10:42| Comment(0) | 頼朝の家系図 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。