2010年04月05日

源頼朝の本

源頼朝の事を週に2度 ブログに書いていると
「オススメ本を教えて下さい」という質問を良く頂く。
今日は源頼朝に関する本について少し書きたいと思います。
前にも話しましたがKANCHIと頼朝の出会いは
成美堂出版の物語と史跡を訪ねてシリーズの「源頼朝」
平治の乱で敗れた源氏が美濃へ逃れるシーンから描かれている。

ある程度頼朝の事を知っていて更に断片的に角度を変えて知るなら
新人物往来社の すべてシーズの「源頼朝のすべて」や
永井路子の「源頼朝の世界」

物語になっていて読みやすいのが
山岡宗八の「源頼朝1・2・3」や 吉川英治の「源頼朝一・二」
 
視力に自信のある人なら
読売新聞社 咲村観の「源頼朝上・下」に挑戦するのはどうだろう?

Yahoo!オークションで探すなら
http://search4.auctions.yahoo.co.jp/jp/search?p=%b8%bb%cd%ea%c4%ab&auccat=21600&f=0x2&alocale=0jp&mode=2&apg=1をクリック!
アマゾンなら
http://www.amazon.co.jp/s/?ie=UTF8&keywords=%E6%BA%90%E9%A0%BC%E6%9C%9D&tag=yahhyd-22&index=stripbooks&field-adult-product=0&hvadid=28103728541&ref=pd_sl_754ziip4t3_bをクリックして探してみては?






posted by KANCHI at 09:36| Comment(2) | 頼朝の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

源頼朝を観て来た

源頼朝を生涯を描いたNHKの大河ドラマ「草燃える」を
NHKのライブラリーで見る事が出来る。
貴方の住む町にもNHKの放送局があると思うが
足を運んで見ては如何だろう?
CS放送をご覧の方は足を運ばなくても観る事が出来るらしい。
先日 1話「蛭ヶ小島の流人」と2話「恋文」を観て来た。
そこで北条政子の妹が見た「夢」の話しが描かれていた・・・
夢の内容はこうだ・・・
仙人の住むような高い山の頂上で強風が吹き飛ばされまいとしがみ付いた。
ふと気が付くと右の袖に太陽が、左の袖に月が入っていて光り輝いている。
手には黄色い実を付けた橘の枝を持っていた。
という古事ゆかりの夢だった・・・と描かれている。
政子はその夢を凶夢だと嘘を付き 母の形見の櫛で夢を買う。
吉夢3年人に告げず凶夢7日人に告げず」と言うのに
貴方は夢の話しを人にしてしまった・・・と言う政子の台詞があった。

これからもNHKに足を運び 印象に残ったシーンを時には報告するつもり。
posted by KANCHI at 09:38| Comment(0) | 頼朝の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

源頼朝が来年2月に・・・

源頼朝が生まれた時、どんな時代だったか?父や母がどんな人だったか?
そして兄や弟達との関係・・・
父に伴い平治の乱に参加し、そして敗北し逃げる様子。
囚われの身となり流刑生活を送る様子。
初めての恋をし・・・成長して行く長い年月。
源頼朝が頼朝らしくなって行く過程をドラマでも映画でも
そして小説でも 観た事がない。
ドラマや映画の中に登場する頼朝はいつでも大人に成長していて
既に自信に満ち溢れ、弟 義経をいじめている。
まるで頼朝は義経の引き立て役の様で 納得が行かない。
なぜ頼朝が義経を嫌ったのか? その本心を描く作品に未だ出会った事がない。
そんな頼朝を描いて欲しい。出来る事なら自ら描いてみたい。
頼朝を愛する者なら 誰でも思っているに違いない。
大河ドラマにするなら主役は誰が良いか?
若き日の石坂浩二はなかなかはまり役だったが・・・今の時代なら誰だろう?
ところで・・・石坂浩二が頼朝を演じた大河ドラマ「草燃える」が
NHKアーカイブスで2010年2月から放送されるらしい。
<関連サイト>
http://www.jidaigeki.com/taiga/
めっちゃ楽しみ♪だ!
ずっと「草燃ゆる」だと記憶していた・・・が。あはは
posted by KANCHI at 00:53| Comment(0) | 頼朝の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

源頼朝はこれだ!

源頼朝の顔を知っていますか?
実は今日は 「 頼朝 大好き 女 」KANCHIの誕生日です。幾つになったかは言いたくないけど・・・・。
そんな今日、NHKニュースで、本当の源頼朝の顔が発表されました!みんなニュース見た?

今日は頼朝の恋につてい書くつもりだったけど・・・それ所じゃ無くなったよぉ〜exclamation×2
どうして今日なの?って個人的には言いたいけど、
今まで知られていた京都 神護寺の頼朝画像は、教科書でも紹介されていて有名だけど、少し前から違う人じゃないか?って言われていたでしょ?
どうやら・・・足利尊氏の弟さん、なんだってね!

2949430783.jpg

それで今回のは・・・
山梨県甲府市にある甲斐 善光寺に伝えられる「頼朝木像」を元にして研究グループ(立正大学の黒田日出男教授など)が彫刻家 岡田ヤスシさんに依頼して描いたデツサン・・・本当の源頼朝は結構人間くさい感じだなぁ〜。

甲斐 善光寺の「木造」は源頼朝が亡くなって間もない13世紀の前半に作られた物で、53才で亡くなった頼朝を最も近く描いていると思われている「像」なのだそうで・・・。
神護寺の画像って事に しておいて貰っても 「 いいかなぁ〜 」 なんて個人的には思っています。猫

またね手(チョキ)
posted by KANCHI at 23:57| Comment(2) | 頼朝の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。