2011年05月09日

源頼朝の誕生日

源頼朝が生まれた日です!本日5月9日。
今から864年前の今日。(^_-)〜♪
posted by KANCHI at 15:00| Comment(0) | 頼朝の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

源頼朝の兄弟は家来?

源頼朝の父 義朝が行く先々で新たな妻を作った事で頼朝には多くの兄弟がいた。
たまたま頼朝の母 由良御前が由緒正しき熱田神宮の宮司の娘だった事から
本妻の様な立場にあったが・・・
本来、本妻とは何なのだろう?と不思議に思う事がある。
沢山いる妻の中で 誰よりも早くに由良御前と出会い「本妻」としたなら話しは分る。
しかし頼朝より7年も先に生まれている兄(義平)がいるという事は
由良御前より先に出会った妻がいた・・・という事ではないのか?
由良御前は それを承知で結婚したのだろうか?
「本妻だけど3番目・・・」てな感じて結婚した事になる。
他の妻たちとはともかく、由良御前に関しては少なくとも
出来ちゃった結婚ではないだろうし・・・
この時代の本妻とは いったい何なのだろう?
多くの妻を抱え、多くの子供を作る事は「子孫」のためではなく
もしかしたら「家来」の確保や維持だったのではないだろうか?

義朝に仕える家来達は義朝の将来に期待し、自分の娘を義朝に紹介する。
勿論 自分たちの出世の為であり 生活の安定の為。
それは義朝にとっても家来との関係を深める事になる。
単なる家来が親戚になるのだから・・・
そして男子が生まれれば共に戦う兵士の1人となる。
戦うために男子は生まれ、戦う男子を産むために女たちは存在していたのだろうか?
posted by KANCHI at 10:03| Comment(0) | 頼朝の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

源頼朝は浮気性?

源頼朝が浮気性だった事は有名だが頼朝の父 義朝も負けては居ない・・・・。
と言うよりも当時の感覚では一夫多妻は当たり前の事だ。
むしろ北条政子が大げさに騒ぎ過ぎで「やきもち焼き」だった事になる。
これは京の公家文化と関東の武家文化の違いでもある。
源氏は元々 関東の出だが 義朝も頼朝も京暮らしが長い。
天皇は多くの妃を置き、その血を絶やさぬ様にするのが常識だった。
血を絶やしてはいけないのは武士も同じである。
義朝も頼朝も素直にそれを受け入れた。
しかし坂東ではその文化が理解できなかった。
現に頼朝と政子の間に生まれた子供達は何れも身体が弱く
大姫も乙姫も病気で亡くなり、頼家も実朝も病弱だった。
そして源氏の血は絶えた・・・。
というよりも頼朝の血が絶えた。と言った方が正しいだろうか?

ふと思う・・・頼朝が若き頃に伊東祐親の娘 八重姫との間に生まれた子
千鶴丸が もし殺されずにいたら、彼は健康に育っていただろうか?
子供達が病弱だったのは頼朝と政子・・・どちらに原因があったのだろう?
もしくは両方か?もしや2人の相性が悪かったのではないだろうか?
posted by KANCHI at 09:14| Comment(0) | 頼朝の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

源頼朝は期待の星

源頼朝の生誕地に関しては前にも触れた通り・・・。
頼朝の母 由良御前が熱田神宮の宮司 藤原季範の娘だった事から
由良御前の実家があった現在の愛知県名古屋市熱田区白鳥の誓願寺(せいがんじ)
だろうと言う事だ。
つまり頼朝の母についても少し触れた事になる。
頼朝の父 義朝には この由良御前の他にも奥様が沢山いたが
その殆どが旅先(出張先)で知り合った遊女や家来の娘で
義朝が自ら選んだ つまり「恋愛結婚」と言う感じだが
由良御前に関しては その身分の高さから肩書きを重視した
「お見合い結婚」であっただろう事が伺える。
頼朝は父 義朝にとって出世の為の期待の星だった。
自分の出世だけでは無い・・・源氏という一族にとっての
大きな野望の星だったのである。

世の中のたいがいの子供は親の期待を大なり小なり背負って生まれて来るが
特に大きな期待を背負った子供ほどその期待を裏切る場合が多い。
しかし源頼朝に関しては見事に期待に応えて見せた。
おそらく義朝の期待以上だったかも知れない。
あの世で義朝は「俺の目に狂いはなかった」と喜んでいるだろう。
そして「オッ!」と驚きの声を上げているだろう。
posted by KANCHI at 09:45| Comment(0) | 頼朝の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

源頼朝の誕生日

源頼朝が生まれたのは久安3年(1147)日、旧暦では4月8日。
以前にコメントで質問を頂き、答えられず。
他の方のコメントにて教えて頂いた次第です。
つまり源頼朝の干支は「(うさぎ)」
星座は「おうし座」って事ですね。
昔、聞いた事があるんですけど・・・卯年の男性は浮気症だって。
ウサギって餌を食べる時・・・こっちでモグモグ あっちでモグモグ食べるでしょ?
一方を向いて落ち着いて食べられない。
教わった時は「あっちでもこっちでもモショモショ」って聞いたけど。
もしかして頼朝の浮気癖は卯年のせい?
政子さんは随分苦労したみたいだけど・・・。
私 KANCHIは男の浮気は気にならない方なんです。
どうぞ ご自由に・・・ってタイプ。
頼朝さんにはぴったりだと思うけどなぁ〜。
posted by KANCHI at 08:51| Comment(0) | 頼朝の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。