2014年09月26日

源頼朝の選択 その19

源頼朝と山木兼隆の関係が「恋敵」では無いとすると
これまで伝えられて来た頼朝の物語に大きな歪が生まれる。
政子の父 北条時政は娘と頼朝の関係を知り慌てて山木兼隆との縁談をすすめ
そして無理やり輿入れさせた・・・
だからこそ政子は山木の屋敷を抜け出し頼朝の元へ逃げた。
嵐の夜2人で熱海峠を越え伊豆山権現神社への駆落ちしたのではないのか?
政子は伊豆山から土肥実平の屋敷に移り大姫を産む・・・
孫可愛さに北条時政は2人を許し頼朝を婿と認めた。となっているが
大姫が既に生まれていたとなると・・・
何が真実でどこまでを信じればいいのか?
全てのストーリーが疑わしく出来事が前後する。

父 北条時政が大番役として赴任中に 頼朝と政子は結ばれていた。
都から伊豆に戻った時政は2人の関係を知り反対する。
しかし政子のおなかの中には既に大姫がいて・・・
2人は伊豆山権現に駆落ち・・・その後 土肥邸へ。という事か?
やがて山木兼隆が流刑人として伊豆にやって来た?
平氏だった彼はやがて中伊豆の判官となり
源氏旗挙げの最初のターゲットとなってしまう・・・?

元々 政子を無理やり押し付けられ、その上頼朝に政子を奪われ
随分 気の毒な人だとは思っていたが
頼朝の恋仇では無いとなると 尚一層 気の毒に思うのは私だけだろうか?
posted by KANCHI at 15:19| Comment(0) | 頼朝ブログまとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。